運命に選ばれし少年と、夜に降り立った女神が紡ぐ【約束の物語(ファミリア・ミイス)】 ――神時代以前より受け継がれている【神月祭】に沸き立つ迷宮都市(オラリオ)―【リトル・ルーキー】として都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアも、その喧騒の只中に身を置いていた。夜の闇を照らし出す、色とりどりの屋台や催し、都市全体を淡く包み込む月光。都市の喧騒の遥か上空で、月は静かに佇み、ただ待っている。英雄の誕生を、そして新たな冒険譚の始まりを・・・。