ロック・アーティストから転身、"ポップスエンカ"の貴公子として仙台を中心に活動するヨシヒデのシングル。2016年にデビュー20周年を迎えるヨシヒデが、都会の雑踏の中、別れた女性を一人想う男の気持ちを歌唱。どこかなつかしい昭和の歌謡曲をイメージさせる作品。