追憶という音色のヴァイオリン。梅原ひまりは、古都京都を中心に演奏活動を展開しているヴァイオリニンスト。このアルバムには梅原の演奏の積み重ねから生まれた、叙情詩のような趣がある。「ノスタルジー」と題され、シューベルト、ブラームス、エネスク、そして梅原ひまりのために書かれた細川俊夫の「悲歌」と続く。音楽も時代とともに現代へ遡りつつ、それらの楽曲への思いを梅原は上野真のピアノとともに馳せさせる。