ガガ、人間回帰。“ありのままの私”をさらけ出した初の自伝的アルバムが遂に誕生。レディー・ガガ、3年振り渾身のニュー・アルバム! 前作『アートポップ』から3年、その間、2014年にはトニー・ベネットとデュエットしたジャズ・アルバム『チーク・トゥ・チーク』をリリース、2015年は女優としての活動も活発となり、2016年、第73回ゴールデン・グローブ賞にて“Best Performance By An Actress In A Limited Series Or Motion Picture Made For Television”(ミニシリーズ・テレビ映画部門の最優秀女優賞)を見事受賞、さらに、ドキュメンタリー映画「ザ・ハンティング・グラウンド」用にレディー・ガガが制作した楽曲「ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー」が、2016年アカデミー賞の“Best Original Song”(最優秀オリジナル楽曲賞)にノミネートされるなど、これまでの「派手なパフォーマンス」「奇抜なスタイリング」とは一変し、より洗練された“アーティスト”“ミュージシャン”“ヒューマン”としての活動が目立つ昨今、そうした様々な“変化”を経た“今のレディー・ガガ”が、今作には表現される。最新シングルは、“完璧な幻想”といったことを意味する「パーフェクト・イリュージョン」。マーク・ロンソン、ブラッドポップ、ケヴィン・パーカー (テーム・インパラ)といった超豪華面々との共作となっており、ガガの圧倒的なボーカル・パフォーマンスが融合した熱狂的なダンスポップ・サウンドを特徴としつつも、自身の恋愛の実体験に基づく歌詞になっており、これまでのガガとは一味違った、“ありのままの、等身大のガガ”を描いた世界観となっている。