問題形式ごとに必要なスキルを段階を踏んで学習。豊富な練習で聞き取りに慣れる。基本的な項目から複合的な内容へと進む構成で、総合的な聴解力の養成を目指す。