重厚な体験に基づきながら「生殖の尊厳」を基礎にした新しい生命倫理のあり方を提示する。