江戸の古地図を手に散歩をするのが、静かなブームとなっている。江戸の名残を求め、その気分を味わう「ゆとり散歩」だ。時代劇や怪談でお馴染みの舞台、赤穂浪士や新選組ゆかりの地、庶民が足を運んだ神社・仏閣…。本書は、「江戸を楽しめる名所」25コースを紹介した、平成版「江戸ガイド」。読んで当時の姿を想像するもよし、実際にコースを歩いてみるもよし。読んで使って、楽しい1冊。