テレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」内の企画で事故物件生活をスタートさせた芸人・松原タニシ。これまで数々の怪奇現象を体験してきたタニシであったが、物件の契約更新も迫り、新たな物件探しに悩んでいた―。そんな中、テレビ番組のロケ先で奇妙な物件の噂を耳にする。そこはとあるマンションの1室で、誰も住んでいないはずの部屋から、子供の泣き声が聞こえたり、玄関ドアの下のポストがひとりでに開閉する物件なのだという。早速、その部屋に住むために行動を起こすが、そこには予想だにしない出来事が待ち受けていた―。