テレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」内の企画で事故物件生活をスタートさせた芸人・松原タニシ。番組企画中、おびただしい数のオーブの乱舞や女の霊の目撃など、いくつもの怪奇現象を体験し、事故物件生活を終えたタニシであったが、日を追うごとに心にポッカリと空いた穴が大きくなっていくことに気づき、“事故物件住みます芸人”として生きていくことを決意する―。こうして新たな事故物件を探しはじめたタニシは飛び込みで入った不動産屋でとある物件を紹介される。そこは、かつて“殺人事件”が起きた部屋だった。今、新たな恐怖がタニシを襲う―。