夢や目標はもてない自分はそのままでも、「わたしは叶え組だからやりたいことがなくていい」と考えを止めずに、考え続けたら、見えた景色があった。「叶え組」の背中を軽やかに押す考え方集。