凄惨な押し込みを働く「六道の左銀次」を追う「しノ字組」伊刈運四郎。女郎が人買い船に売られているとの噂を耳にしたのと同じ頃、江戸城大奥の御殿女中も行方不明に。女たちの失踪は、左銀次の仕業なのか。謎に迫る運四郎は、供頭・小平太が絡んだ五年前の事件に行き着く...。しノ字組を最悪の危機が襲う、シリーズ第四巻。