一緒に暮らす時間の中で、ゆっくり家族になってゆく。特別養子縁組で一人の子どもを迎えることは、社会的養護となる事情を抱えた子どもが一人、家庭で暮らせるようになるということ。