グロリア帝国の替え玉皇帝として、圧倒的物量を武器に連合軍を退けた常信だったが、彼の目下の悩みは迫り来る四人の嫁だった。「むーっ。みんな、へーかの嫁だけど、わたしが一番なの!」「正妻として、陛下に一番に愛していただくのは私でなければなりませんわ」それはさておき、帝国の捕虜となった『風の姫』ロザリンド救出に、残る『七勇神姫』の五人が立ち上がり―!?「彼女を虜囚とし、あんなことやこんなことや、あまつさえそんなことまで...?一国の姫だぞ!?一国の姫に、まさかそんなことまでやるだなんて...この、破廉恥外道皇帝!」「...(やってねぇよ)」妄想激しい彼女たちを追い返すため、常信はまたも物量無双を繰り広げることに!?