音楽家・大友良英の“演奏”と“展示”のすべて。音楽と美術のあいだをめぐる思索と、6人のアーティストとの対話。