ずっと恋い焦がれていたローディン王子の命を消さないで―。森の妖精フェリアは、刺客に襲われた彼を救うため自らの生を分け与え、代わりに人間の娘になってしまう。恩人として城に迎えられ、生身の身体で初めて触れるものやしきたりに戸惑うばかりのフェリア。その純粋で健気な姿に心惹かれたローディンは、フェリアが経験したことのない愛の営みと肉体の快楽を教え、ひたすら翻弄してゆくが...。