「対比」「言い換え」など、読み取りのポイントを提示。広告・ビジネス文書など実用的な文章(情報素材)が豊富。「文章全体の主旨や目的をつかむ力」と「文章の細かい部分を読み取る力」が身につく。