世界が認めた実力派ピアニスト / コンポーザー・西山瞳が贈る 9th アルバム! 2005年の横濱ジャズプロムナード・ジャズコンペティションでのグランプリ受賞後、2007年に日本人初となるストックホルム・ジャズフェスティバルへの出演、2010年にはアメリカで最大規模の作曲コンペティションであるインターナショナル・ソングライティング・コンペティションおいて"アンフォールディング・ユニバース"でジャズ部門3位を受賞、"ソウル・トラベル"がセミファイナルに選出されるなど世界的な活動を続けるピアニスト / コンポーザー西山瞳の最新9thアルバム「Sympathy」がリリース。多方面で高い評価を得た「Music In You」と同じく、佐藤"ハチ"恭彦 (bass)、池長一美 (drums)によるレギュラートリオでのレコーディングで、「Music In You」からの流れをくみつつ、ソロとアンサンブルを中心とした内容に仕上がっている。儚くも美しいピアノの旋律が印象的なタイトル曲「Sympathy 」がオープニングを飾り、続く「Scarlet」は繊細なシンバルワークと凛としたピアノが流れるように紡がれていくテンポの速いナンバー、そしてピアノ、ベース、ドラムが優雅に踊るようなアンサンブルを聴かせてくれるスウェーデン語で『ありがとう』を意味するM-3「Tack」へと続いていく。知的で洗練された3者の会話が織りなす気品と優雅さが全編に満ちた本作は、女性らしさを感じさせる新たな西山瞳の魅力が見事に切り取られている。