初期宮崎・高畑コンビによる不朽の名作、「ミミちゃんとパンダコパンダ」、「雨ふりサーカス」のレコード化もまだされていない本邦初リリース!※(過去にキング・レコードより1983年に発売されていたサントラはドラマ・レコード)【作品紹介】:1972年(昭和47)に日中友好の一環として中国からパンダが上野動物園に送られたことをきっかけに日本にパンダブームが起こり企画された。『長くつ下のピッピ』アニメ化のために集結した、高畑勲、宮崎駿、小田部羊一のチームが制作。結果、主人公のミミちゃんにはピッピの面影が色濃く現れている。パパンダのキャラクターは発展して、トトロとなった。【音楽】:ビブラフォン、ホーン、ワウギターなど70年代のテイストがふんだんに散りばめられた劇伴。通常はジャズの作曲家が初めてアニメの音楽に取り組んだ意欲作。【作曲】佐藤 允彦:1941年東京生まれのジャズ・ピアニスト。慶応義塾大学卒業後、1966年から1968年にかけて米国バークリー音楽院に留学、作・編曲を学ぶ。帰国後、1969年に初のリーダー・アルバム『パラジウム』でスイングジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞。これまでに数多くのリーダー・アルバムを発表しており、スティーヴ・ガッド(Ds)、エディ・ゴメス(B)のトリオでレコーディングした『アモーフィズム』の全米発売や、『ランドゥーガ』(スイングジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞)のフランスでのリリースなど、国際的にも高い評価を得ている。