レディング・フェスにも出演したBOW WOW (VOW WOW)、海外での活動も加速し始めたLOUDNESS、関西からはEARTHSHAKERや44MAGNUMが登場し盛隆を極めた1980年初頭のジャパニーズ・メタル・シーン。浜田麻里に続きSHOW-YAのデビューなど女性ロッカー女性が台頭し始めた1985年にリリースされたステファニーの「HIDEAWAY」が紙ジャケ仕様で登場。楽曲アレンジを担当した椎名和夫 (g)と土方隆行 (g)を中心に、北島健二 (g)、Jeff Northup (g)、青山純 (dr)、笹路正徳 (key)などの一流のプレイヤーたちによるハードロック・サウンドに、アメリカのライブハウス仕込みのパワスルなステファニーのボーカルがさく裂する硬派で完成度の高いハードロック・アルバムとして多くのメタル・ファンには知られた名盤。タケカワユキヒデ (ゴダイゴ)による楽曲「BORN TO BE FREE」「REMEMBER MY LOVE」は劇場版「うる星やつら3 リメンバー・マイラブ」、「ROCK THE PLANET」「EVERY DAY」はTV版「うる星やつら」のオープニング/エンディング曲に、「HIDEAWAY」はドラマ「トライアングルブルー」の挿入歌など、6曲ものタイアップ曲を収録。今回の再発盤にはアルバムに収録されていないシングルB面曲、リミックス曲など9曲を追加収録。