プラネタリウムで働く真央の元にある日、高級ホテルグループの御曹司・清瀬が訪れる。視察と言いつつ何かと真央をスイートルームに呼んでは耳元で愛を囁き、「ずるい男は嫌い?」と甘くイジワルに迫る清瀬。戸惑う真央だったが、「このまま君の全部が欲しい」と熱く迫られ、彼の愛に満たされていく。さらに清瀬の手掛けたオーベルジュに案内されると、突然の大胆プロポーズが待っていて...!?