「俺、おまえのことキライなのかな」 二人でいるときにだけ感じる居心地の悪さを持てあまし、クラスメイトの鳩宿にそんな呟きをもらしてしまった百々地。どこか傷ついた顔をした鳩宿に罪悪感を覚えたものの、鳩宿から返ってきたのは「だったら付き合って」という思いもよらない一言だった。やまない胸騒ぎを抱えたまま、なぜか恋人として付き合うことになった二人だが...。