Loading... loading....
Service Termination Notice

Kaisha Wo Uru Chikara

会社を売る力 - 渡部恒郎/著 山本夢人/著 竹葉聖/著 沖田大紀/著 前川拓哉/著 渡邉智博/著 藤川祐喜/著 中崎裕貴/著

Kaisha Wo Uru Chikara
eBooks Edition
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1540 yen
Points You Earn 15 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    272
Release Date Oct 29, 2021(JST)

Description in Japanese

日本ではいま、多くのビジネスが「業界再編」の真っ只中にある。
その中で生き残り、会社を伸ばすための「攻めの経営戦略としてのM&A」に迫ったのが本書だ。

▼ M&Aは企業の成長のための有力な手段

日本のM&A件数は、海外の件数に比べると著しく少なく、たとえば世界のトップ企業であるGAFAM(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル・マイクロソフト)は30年間で800社のM&Aを実施している。

日本は企業数やGDPから考えると、M&A件数はこれからまだ2、3倍近く増える余地があるものの、国内ではいまだに、M&Aは「リスクが大きく失敗しやすいもの」「『身売り』のようにあまりよいイメージがないもの」とされることがある。

しかし、実態はまったく異なる。
M&Aは現在、企業の成長のための有力な手段として活用されている。
たとえば実力のある企業が集まって、革新のスピードを上げるため、あるいは不毛な国内の競争を止めて共に成長し海外に進出を図るために、M&Aを選択している。
M&Aは経営戦略の「常勝パターン」として今や必須のものとなっているのだ。

それらM&Aをめぐる最先端の動きや考え方を、著者らが日々携わっている現場の実例や実際のM&A経験者の声なども交えてまとめたのが本書である。

本書をぜひ、御社の経営戦略にも活かしてほしい。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Cross Media Publishing (in Press)

Browse similar eBooks