Loading... loading....
Service Termination Notice

Senshu Shutai No Jitan Renshu De Hanazono He Shizuoka Seikogaku in Rugby Bu No Bukatsu Kaikaku

選手主体の時短練習で花園へ 静岡聖光学院ラグビー部の部活改革 - 佐々木陽平/著

Senshu Shutai No Jitan Renshu De Hanazono He Shizuoka Seikogaku in Rugby Bu No Bukatsu Kaikaku
eBooks Edition
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1760 yen
Points You Earn 17 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    224
Release Date Oct 13, 2021(JST)

Description in Japanese

内容紹介

選手の自主性を育て、日本一魅力のあるチームを目指す
静岡聖光学院が志向する「新しい部活の形」

週3回、夏90分冬60分
短時間の効率的な練習と
選手自らが考え実行する「主体性」ラグビーで
2018、2019年2年連続花園出場!

練習は週3回、活動時間は60分~90分。夏休みは約30日オフ。年間約100日の練習。静岡聖光学院ラグビー部は、このような条件下で活動をしています。
2016年、私が監督になり、2年連続で県大会決勝で敗退し、花園出場を逃してしまったのです。
当時の私は、前任の先生方に倣い「チームをさらに進化させよう」「監督として、花園の地に立ちたい」という想いが強くなり、子どもたちではなく、自分が主役の指導をしていました。
そのことに気がつき、就任3年目に取り組みを抜本的に見直すとともに、多くの指導者を訪ね、指導を仰ぎました。
そして、ラグビーを通じてどんな人間になってほしいか。社会でどんな活躍をしてほしいかに、あらためて目を向けました。
「こうなってほしい」という理想の姿から逆算し、「その姿に近づけるには、どうすればいいのだろう?」と考え、指導のスタンスを大きく変えることにしました。
ポイントになったのは、規律・自主性・主体性を明確に区別し、子どもたちの主体性を重視することです。その結果、彼らが生き生きとする姿が見られるようになり、2018年、2019年と花園出場を果たすことができました。
私はラグビーを通じて主体性を養い、決断ができる「骨太ジェントルマン」になってほしいという強い想いを持っています。
大多数の子どもたちはスポーツで得た経験をもとに、社会に羽ばたいていきます。大切なのは「スポーツを通じて、どのような力を身につけてほしいか」を、指導者が考えることではないでしょうか。
この本には、凡人の私が取り組み、結果を出してきた指導法が書いてあります。
(「まえがき」より)

(内容構成)
第1章 「思考の質で勝つ」静岡聖光ラグビー部
第2章 主体性指導で花園へ
第3章 日本最北端での指導
第4章 部活動サミットで他競技から学ぶ
第5章 国際交流とエリート育成
第6章 中学生の指導
第7章 特別対談
中竹竜二(一般社団法人スポーツコーチングJapan代表理事)
畑喜美夫(一般社団法人ボトムアップパーソンズ協会代表理事)
【特別寄稿】
星野明宏(静岡聖光学院校長)

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Take Shobo

Browse similar eBooks