Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Gan to Shindan Saretara Jibun De Dekiru Koto

がんと診断されたら自分でできること - 角田亘/著

Gan to Shindan Saretara Jibun De Dekiru Koto
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1540 yen
Points You Earn 15 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    160
Release Date Sep 17, 2021(JST)

Description in Japanese

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


がんと診断されたらまずやりたいのが、心と身体のトレーニング。鍛えることで治療も手術もうまくいき、予後の回復も早くなる。

●日本人の2人に1人ががんになる時代。しかも、がんと診断された人の半分ががん手術を受けるという。
●がん手術を受けるには体力も筋力も必要だが、気力をなくして何もせずに手術を迎える人も多い。
●しかしながら、手術を受けるまでの2~3週間に術前トレーニングをすることで、手術が楽に受けられ、術後の回復も早くなることを患者は知らない。
●そこで、がんの術前トレーニング(プレハビリテーション)の必要性を説きつつ、実際のやり方を紹介する。
●トレーニングには、ウオーキング・ジョギングなどの有酸素運動、スクワット・かかと上げ・足上げなどのレジスタンス運動がある。

第1章:今日から始める がん治療が成功するプレハビ
第2章:なぜ、がんプレハビを行うと治療がうまくいくのか
第3章:術後のリハビリが回復を早めて体調を良好にする
第4章:がんのプレハビで治療がうまくいっった(体験談)
第5章:がんプレハビQ&A


角田 亘(カクダワタル):国際医療福祉大学医学部リハビリテーション医学主任教授。日本神経学会神経内科専門医・指導医。日本内科学会認定内科医。日本脳卒中学会脳卒中専門医。日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医。日本抗加齢医学会抗加齢専門医。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Shufu no Tomosha

Browse similar eBooks