Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

RPA De Seiko Suru Kaisha, Shippai Suru Kaisha

RPAで成功する会社、失敗する会社 - 大西亜希/著

RPA De Seiko Suru Kaisha, Shippai Suru Kaisha
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1650 yen
Points You Earn 16 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    208
Release Date Jul 30, 2021(JST)

Description in Japanese

本書は、RPAについて、

・「わが社でも導入してみたい」と考えている会社
・実際に導入しようとして失敗している会社

の経営者、経営企画部門や情報システム部門の担当者、事業部門の責任者などに向けて、本当に効果の上がる導入法を解説するものです。

▼ 利益をドブに捨て続けることになる「RPAへの誤解」

RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、ロボット(プログラム)によって、これまで手作業でやっていた単純作業などをコンピューターに代替させることです。
すでに「RPA」の名前を知っている会社、あるいは実際に導入した会社も多いと思いますが、ほとんどの会社で、「RPAはどんなもので、どう使うか」について、大きな誤解をしてしまっています。
たとえば、「よくある誤解」と「正しい考え方」は次のようなものです。

・RPAは「全体最適」ではなく「部分最適」で考える
・導入は「コスト」ではなく「投資」と捉える
・「何でも自動化」ではなく「人+ロボット」で仕事を効率化する

またこの本では、RPAの導入に特に重要な視点として、次の3つを挙げています。

1.費用対効果......そもそも安くはない導入費用に見合うだけの効果を出せるか?
→単純な「削減時間」だけで考えない

2.業務選定......どのような業務に適用できるか、事前に選定できているか?
→「業務」ではなく「行動」に着目する

3.運用体制......誰がどのように導入し、運用していくか事前に決まっているか?
→「情報システム部門」ではなく「事業部門」主導で

これらをきちんと考え、社内の体制を整えることが、最終的なコストパフォーマンスを上げるために重要なのです。
ITコンサルタントとして、企業の現場&ベンダーの裏側を知り尽くした著者が教えるRPA導入法、ぜひ御社でも実践してみてください。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Cross Media Publishing (in Press)

Browse similar eBooks