Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Tsukishiro No Michi Senso Sambun Shu

月白の道 戦争散文集 - 丸山豊/著

Tsukishiro No Michi Senso Sambun Shu
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1100 yen
Points You Earn 11 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    288
Release Date Jul 21, 2021(JST)

Description in Japanese

「若い医者と軍人の結合体にとって、詩と死はただの同音ではなかった」(谷川雁)

医師で詩人の著者は臨時召集を受け、軍医少尉として出征。北ビルマの最前線ミイトキーナでは、司令官・水上源蔵少将に対し死守が命じられるが、少将は残存将兵への転身命令を発したのち自決。部隊は全滅を免れるも、その後は「中国の雲南からビルマをよぎって、タイのチェンマイまでの泥まみれの敗退」となった......。

壮絶を極めた南方戦線から奇跡的に生還した著者は、その記憶を書き残す決意を固めるには四半世紀の時間を要したと述懐している。一九六九年夏に西日本新聞に連載した「月白の道」は、2000キロの敗走を綴った戦場の記録である。

第一篇には、「私たちはおたがいに心の虫歯をもっていたほうがよい。...でないと、忘却というあの便利な力をかりて、微温的なその日ぐらしのなかに、ともすれば安住してしまうのだ」とある。声高に叫ぶのではなく感情を抑えたさざ波のような断章が連なり、野呂邦暢や川崎洋らが賞賛する詩的な香りの漂う孤高の戦記文学となった。

都合三度刊行された『月白の道』の「序」「あとがき」に加え、二度目の刊行時に書き加えられた後日譚とも言うべき「南の細道」、文藝春秋に寄稿した「軍神を返上した水上少将」、および、私家版『定本 丸山豊全散文集』から戦争・戦友に関する一〇篇を収録した、戦争散文の集大成。

さらに、谷川雁の追悼文、野呂邦暢、川崎洋、森崎和江のエッセイ、映像制作者・木村栄文の「『月白の道』に寄せて」を収録。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

See more published by Chuko Bunko

More published by Chuo Koron Shinsha

Browse similar eBooks