Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Aibo

相棒 - 金子光晴/著 森三千代/著

Aibo
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1100 yen
Points You Earn 11 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    336
Release Date Jun 30, 2021(JST)

Description in Japanese

貧乏暮らしあり浮気ありで五十年、放浪詩人とその妻はよき相棒。金子の日本論、女性論から交友録、森のパリ印象記、金子の肖像など、二人の自選によるベストエッセイ集。金子の遺著となった単行本に全集未収録の夫婦往復書簡(一九三九年)を増補。
〈巻末エッセイ〉森 乾

■目次

【金子光晴】
I
ひげのある人生/明治の青年を苦しめたもの/江戸につながるなにものもなく/日本人について/番付の心理/いやな思いをした昭和という年号

II
私小説/伝統の芸能/日本の大衆芸人と番付/秋の日記/血と地につながるもの/ちょんまげのこと/『コスモス』雑記

III
萩原朔太郎について/高村光太郎との僅かなかかりあい/清親のこと/吉田一穂のこと

IV
女について/なおも、男・女などをめぐって/若さと老年と/日本人のフェミニズム/着物を剝がれた女達/女体の豊饒を描く/日本人よ淫なれ


【森三千代】
I
巴里郊外の青春/巴里の秋色/白/血を抱く草/仏印の文学/アンコール・ワットへの道

II
和泉を憶う/わたしの大休暇/香木の話/志摩を思う/金子光晴の横顔I/金子光晴の横顔II/父の心/老母の手/きのうきょう/若葉よ、妹が生れた/若葉の夏休みのレポートに添え/なつめと共に/なつめとの対話/若葉のいる正月

跋 (金子光晴)

金子光晴・森三千代往復書簡(一九三九年)

巻末エッセイ 父と母の想い出に(森乾)

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by KANEKO MITSUHARU

See more published by Chuko Bunko

Browse similar eBooks