※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

戦後わが国の社会・経済・文化・経営等は、外からの「民主改革」の力によっていずれも大きな改変をへたが、昭和三〇年前後にはそれぞれ一応の「戦後日本型」ともいうべき性格をおびて再編成された。中でも労務管理はその最も著しい変化をとげたものの一つである。 本書は、現在では「経営の中枢的機能」として広く重視されるに至った労務管理について、戦後の著しい発展・変貌の過程と今後の低中成長期での展望とを、国際先進諸国における現代労務管理の発展動向と日本のもつ特異な伝統的労務慣行の両面をふまえて、歴史的客観的に画き出すことに努めた。日本の労務管理に関心のある方々に多少とも参考になれば幸いである。(「まえがき」より) 目次 第一章 労務管理の意義と歴史的発達 一 労務管理の意義と基本領域 二 労務管理の歴史的発達の四段階とその特徴 第二章 「戦後日本型労務管理」の形成と基盤の変化 一 「戦後日本型労務管理」の形成とその特徴 二 高度成長による「戦後日本型労務管理」の基盤変化 三 矛盾の顕在化に対する新労務施策の展開 第三章 企業環境の変化と労務管理への課題 一 昭和四五年以降の経済環境の激変 二 社会的環境の変化と労務管理への課題 第四章 伝統的労務慣行の実態とその意味 一 日本の伝統的労務慣行の実態 二 伝統的労務慣行の意味 三 戦後における労務管理の整備と伝統的労務慣行 第五章 米英における「現代労務管理」の発展動向 一 「現代労務管理」の二段の発展 二 「初期現代労務管理」形成の背景 三 「初期現代労務管理」の特徴 四 「第二期現代労務管理」形成の背景 五 「第二期現代労務管理」の特徴 第六章 労務管理への行動科学の導入 一 労務管理への行動科学導入の背景 二 行動科学の発達と労務管理への適用 三 行動科学研究のわが国労務管理への導入 四 「目標管理」の意義とわが国における特殊化 五 職場集団における小集団の重要性 第七章 労務管理へのシステム思考の導入 一 システム思考の意義 二 W ・フレンチ「労務管理システム」 三 わが国における労務管理のシステム思考 結章 今後の日本労務管理の展望――日本的現代化―― 一 日本労務管理の当面の展望 二 日本労務管理の基本的展望