Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Gendai Kyoiku No Kadai

現代教育の課題 - 清水義弘/著者

Gendai Kyoiku No Kadai
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1100 yen
Points You Earn 11 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    250
Release Date Jun 11, 2021(JST)

Description in Japanese

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、さきに刊行したUP選書『現代日本の教育』(-九六五年)、『教育改革の展望』(一九七〇年)、『教育と社会の間』(一九七三年)に続いて、七〇年代後半に入った日本の教育制度改革の方向について論及したものである。
わが国は、七六年に入って高校進学率と大学・短大進学率の伸びがともに鈍化し、教育関係者を癌かせた。これに先立って、大学については若干の政策変更があった。それは七五年の私立学校振興助成法の制定である。これに伴って、七六年度から八一年度までの間は、私立大学の新設、学部・学科の新増設、収容定員の増加は、文部大臣が「特に必要と認める場合」を除いて、原則として認可されないことになった。これは、自民党が年来主張してきた政策であり、これによってわが国の高等教育も拡張から抑制への方向へ向かうことになった。
大都市も、四年制大学も、もはや国民の圧倒的な進学要求に応ずる力を有しないのである。となると、人の流れを変えるほかはない。一口にいうと、教育需要の地方分散であり、地域前期大学の設置である。この国民の諸階層に広く開かれた高等教育は、旧制帝大や官立大学に限られたエリート型高等教育とも、新制大学(四年制)を中心とするマス型高等教育とも、その目的、性格、内容等を異にするユニバーサル型高等教育であるという意味において、〝第三の高等教育〟と呼ぶにふさわしいものである。(「まえがき」より)
目次
目次
まえがき
序章 今日の教育課題
I 高校改革の基本的方向
1 高校教育の現状/一 「管理社会」化する高校/二 曲がり角の職業教育/三 見直されるか――職業高校
2 高校改革案の再検討/一 高校教育の新方向とは/二 高校教育の発想転換を/三 十年基礎教育案の疑問/四 高校改革の方向を絞れ
3 十二年教育の課題
4 対談多様化に対応する大型改革を
II 地域社会と大学改革
1 地方国立大学の現状と問題/一 脱地方化する国立大学/二 国立大学の地域課題
2 短期大学制度の問題点/一 わが国の短期大学制度/二 短期大学制度の再検討
3 地域社会と大学
4 地域前期大学の構想/一 「前期大学」の制度化/二「前期大学」の地域的展開
III 現代教育の政策課題
1 今日の教育問題/一 実りある教育論争を/二 教職――幻の専門職では/三 学歴と学力
2 現代教育のカルテ
3 対談七〇年代後半の行政課題
4 後期中等教育と高等教育の結合
初出一覧/

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by SHIMIZU YOSHIHIRO

More published by Tokyodaigaku Shuppan Kai

Browse similar eBooks