Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Namboku Mondai

南北問題 - 川田侃/著者

Namboku Mondai
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1100 yen
Points You Earn 11 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    250
Release Date Jun 11, 2021(JST)

Description in Japanese

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、筆者が最近二年ほどのあいだに、主として国際経済論もしくは国際関係論の観点から、平和研究の視点も活かしつつ、南北問題について折にふれて発表したいくつかの論稿をまとめたものである。本書はその点で必ずしも体系的なものではないが、資源ナショナリズムの高揚など、七〇年代に入って大きな新展開をとげつつある南北問題の核心的諸相をできるだけ鮮明に描くことに私なりに努力をし、またそれなりに問題の所在を探求したつもりである。この小著が激動する南北問題の解明にとって少しでも役立つところがあるならば、そして同時に他方、南北問題に深い関心をもつ読者からこの書に対する多くの批判を仰ぐことができるならば、私にとって誠に幸いである。
目次
I 南北問題とはなにか
1 南北問題の展開 開発途上国の誕生/AA諸国の出現と東西援助競争/七七ヵ国グループの登場
2 拡大する南北格差 北の繁栄と南の貧困/停滞する対外貿易/開発のジレンマ/開発途上国間の格差問題/開発途上国の負担の増大/社会主義国の開発途上国援助
3 国際協力への模索 UNCTADの開催とプレビッシュ報告/強まる開発途上国の要求/資源ナショナリズムの高まり
4 開発への自助努力 開発途上国の国内的努力の必要/人口の急増と国内格差の拡大
II 第二世界と日本の針路
1 多極化現象と自主外交の確立 1 大国主義の凋落と第二世界の興隆/2 世界的な権力の分散化現象とアジアの情勢/東西冷戦構造から多極構造への転換/民族自決と反覇権主義/3 自主外交のための基盤とその課題/日本外交の原点/冷戦構造意識の廃棄/第三世界外交の重視
2 世界経済の不均衡と対外経済政策 1 現代資本主義の危機的諸状況/世界的インフレーションと世界不況の同時存在/国際通貨改革問題の所在/2 国際資源問題と日本の資源外交/石油および食糧問題の重要性/エネルギー需給の展望とエネルギー制作の問題点/食糧需給の不安定性と食糧政策のあり方/3 各国経済の自立的発展と経済協力/理念を欠く日本の対外投資と経済援助/開発途上国の貿易拡大のための国際協力
3 体質転換をせまられる日本経済 1 大企業体制下での高度成長の諸結果(詳細略) /2 「安定成長」のもとでの不均衡拡大のおそれ(詳細略)/3 経済改革のための基本的問題――不均衡是正の課題(詳細略)
III激動する南北問題
1 経済的民族主義の潮流(詳細略)
2 ナイロビ総会と日本の南北政策(詳細略)
3 経済自立への連帯―集団自助の協調(詳細略)
4 石油ナショナリズムと国有化の動向(詳細略)
あとがき

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by KAWATA TADASHI

More published by Tokyodaigaku Shuppan Kai

Browse similar eBooks