私は彼にとって存在すらしない女。 一夜をともにしても、子を授かっても。病院での夜勤のあと、ピクシーは兄の話を聞いて耳を疑った。 面倒を見るのがいやで、私の子を捨ててきたですって? いいえ、兄のめあては子供の父親ギリシア富豪トールのお金だ。 1年半前、ピクシーはトールに純潔を捧げて身ごもったが、 妊娠を告げると、“君を知らない”と彼に追い払われたのだった。 急いで会いに行った彼は、今もハンサムで堂々としていて、 ピクシーは安っぽい自分の格好を恥ずかしく思った。 でも昔と同じ屈辱を味わってでも、トールには真実を伝えよう。 どうか母親失格だといって、彼があの子を奪いませんように......。