児童心理学者の間で「平行遊び」として知られる幼児の行動様式がある。同じ場所にいながら、一緒に遊ぶのではなく、周りを観察しつつ、自分の「プロジェクト」を進める幼児の遊び方のことをいう。この20年にさまざまなイノベーションが、数多くの新たな市場を生み出してきたが、こうした新規市場で成功する企業の行動パターンは、この幼児の平行遊びに似ていると、筆者たちは指摘する。新たな市場で戦うには、従来の戦略は通用しないことが多い。差別化を急がず、むしろ同業者のモデルを観察してよいアイデアは借用し、みずからのビジネスモデルを精緻化していく。それが成功へのカギである。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年9月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。