私は臨時の秘書のはずなのに、傲慢なボスの情熱に焦がれている。

リンジーは音信不通の妹の消息を確かめるため、妹のボスである敏腕弁護士アレッシオの事務所を訪ねた。彼は激怒していた。なんと妹は彼の弟と駆け落ちしたらしい。アレッシオは、妹の代わりに君が秘書になれ、と言うが、リンジーにはわかっていた。彼は秘書が必要なのではない。彼の男らしい魅力にどぎまぎしている私をからかっているのだ。これ以上妹の印象を悪くしたくないリンジーは承諾したが、アレッシオから出張に同行するよう命じられ、すくみ上がった。無理よ......彼の前に立つだけで、心臓が爆発しそうなのに。

■ラテンヒーローやドクターなど、多彩なヒーローを描き分けて人気のベテラン作家、サラ・モーガン。ロマンス小説の王道、傲慢ヒーローが魅せる名作をお贈りします。 *本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。