天涯孤独の身の上だと思っていた青司が相続した祖父の家。自称・神たちと不器用に暮らしつつも、いよいよ年の瀬が近づいてきた。ということは、祖父の命日も近いということで。