Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

"Tonko" to Nipponjin Silk Road Ni Tadoru Sengo No Nichi Chu Kankei

「敦煌」と日本人 シルクロードにたどる戦後の日中関係 - 榎本泰子/著

"Tonko" to Nipponjin Silk Road Ni Tadoru Sengo No Nichi Chu Kankei
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 2090 yen
Points You Earn 20 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    320
Release Date Mar 31, 2021(JST)

Description in Japanese

「敦煌」は戦前・戦後を通じて、日本人の「中国への憧れ」を象徴する言葉であった。その最後の輝きとも言える1980年代、井上靖の小説『敦煌』『楼蘭』がロングセラーになり、「敦煌」は世紀の大作として映画化。NHK特集「シルクロード」が高視聴率を記録し、喜多郎のテーマ音楽がヒットチャートを駆けあがった。平山郁夫の描く西域の風景画はカレンダー等の定番でもあった。中国の改革開放政策の進展にともなって巻き起こったあのブームは、いつ、なぜ、どのように消えたのだろうか。
今や「シルクロード」という言葉は中国の経済圏構想「一帯一路」に付随するものになってしまった。中国が世界の脅威と見なされる現状で、日本が隣国とどのような関係を構築すべきかを考える必要に迫られている。20世紀の日本人が何を背景に、どのような中国イメージを形成してきたのかを知ることは、その大きな手がかりとなるだろう。

目次
第一章 井上靖と「敦煌」
第二章 日中国交正常化とNHK「シルクロード」
第三章 改革開放と映画『敦煌』
第四章 平山郁夫の敦煌
第五章 大国化する中国とシルクロード

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by ENOMOTO YASUKO

See more published by Chukosen Sho

Browse similar eBooks