父が決めた貴族の男性と結婚する前に、どうしても会いたかった。初恋の義兄に......。

父の再婚で、10歳だったリンゼイに義理の兄ができた。継母の連れ子、ルーカスは7歳年上の美しい少年で、実母を亡くしたばかりのリンゼイにとても優しかった。義兄への思慕は、やがて熱い恋心へと変わっていった。だがある日、突然の事故で父と継母が帰らぬ人となる。兄妹二人きりになってしまったのだ。それまで愛情深かったルーカスはなぜか急に冷淡になり、リンゼイにスイスの花嫁学校へ入学するよう厳しく迫ってきた。なぜ私を遠ざけようとするの? あなたといたいだけなのに。

■ハーレクイン・マスターピース《特選ペニー・ジョーダン》からお贈りするのは、不滅の大人気テーマである義兄妹ものです。いつもいちばん近くにいて、ずっと守ってくれた義兄。ロマンスの女王が繊細な筆致で綴る、1987年を代表する禁断の初恋物語をお楽しみください。 *本書は、ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊から既に配信されている作品のハーレクイン・マスターピース版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。