★嵐の夜に現れた彼の“花嫁”は、すべての記憶をなくしていた。★諜報員のケイレブ・ハンターは、ロサンゼルス郊外の山地で、女性が倒れているのを発見した。悪天候の中、ほうっておくこともできず、しぶしぶ彼女を山小屋に連れ帰る。この女性はいったい何者だ?山中に身を潜める僕をさがしに来た組織の人間だろうか?しばらくして意識を取り戻した彼女は、何も思い出せないという。本当に記憶喪失なのか?それとも嘘をついているのか。女性の言葉の真偽を確かめるため、ケイレブは彼女の寝ているベッドに入り込み、服を脱がせ始めた。「僕だよ。ケイレブだ。自分の夫くらい覚えているだろう?」