結婚を4カ月後に控えていたキットは、フィアンセが別の女性と同じベッドにいる現場を見た。婚約指輪も2人で買ったフラットも、全部いらない。キットは今後のことを考えるため、すべてを放り出してモロッコに来た。だが、エッサウィラという町で暴漢に頭を思いきり殴られ、彼女の意識は底知れぬ暗闇にのみ込まれていった。「もう安全だ」目覚めた時に聞こえたのは、深みのある男の声。その男性はジェラール・デュモンと自己紹介し、彼女の名前を尋ねた。「わたし......自分がだれなのかわからないわ」キットは記憶を失っていた。信じられないほど親切にしてくれるジェラールに、彼女は不安を覚える。この人はきっと見返りを求めているんだわ。早く逃げ出さなくては。★自分を救ってくれた男性に、恐怖心を覚えるのはなぜ?モロッコを舞台にエキゾチックな愛の世界が繰り広げられます。