クローディアは迷っていた。本当にマルコの求愛を受け入れてもいいの?確かに四年前、二人は深く愛し合っていた。でも今、目の前に突然現れた彼にはあの頃の面影はない。マルコの真の目的はなんなのかしら?マルコは心の奥にたぎる復讐心を必死で押さえていた。どうしてクローディアはぼくを裏切ったんだ?四年前の忌まわしい事実が彼をいまだに苦しめていた。この計画だけは、なんとしても成し遂げなければ。それにはクローディアの存在がどうしても不可欠なのだ。