本書は【MB動き出せる本シリーズ】の書籍です。「読みながら動き出せる」作品づくりを追求しております。

【書籍説明】

耳に痛いことを伝えたい部下がいる。

しかし

・伝えたところで部下の行動は変わるのか? ・パワハラのリスクもある。 ・そこまでする意味があるのか? ・でも、このままではダメなんだ......、

そんなふうに悩んでいませんか?

本書ではネガティブなフィードバックを成功させる「効果のある正しい手順」を紹介します。

これは多くの人にとって勇気が必要で気が滅入る作業です。

「正しいことを正しいと言えること」

「(正しくないことを)やられたらやり返す、倍返しだ」

という信条を貫く『半沢直樹(TBS系ドラマ、原作:池井戸潤)』は令和のドラマ最高視聴率を記録し、大きな注目を集めました。

誰もが半沢直樹のような態度を取れたら、こうした記録は生まれなかったでしょう。

ネガティブフィードバックには、下記のような困難な理由があります。

・嫌われるのが怖い、面倒だ ・ブーメランを食らうのが怖い ・余計な仕事を増やしたくない ・更にモチベーションが落ちるかもしれない ・働き方改革で強い指示がしにくい ・テレワークで面談が難しい ・部下が年上や元上司 ・SNS等での風評リスク

人手不足で辞められたら困る

しかし大丈夫です。

私は10年以上、下記のようなシビアな領域の人事コンサルティングに従事しています。

・中高年のキャリア開発 ・ローパフォーマーやミスマッチ人材の活性化 ・事業構造改革・リストラクチャリングの対応

日々、企業人事や経営者から、様々なご相談を頂きます。

本書では、その中で培った「間違いのない方法」をお伝えします。

巻末には抜け漏れなく実行するための手順書も用意しました。 面談後のフォローまで含めており、確実に現状を変えることができます。

・「耳に痛いことを、きちんと伝える」ための本です。 ・「嫌われない伝え方」は書いていません。 ・「嫌われても伝わる伝え方」を書いています。

「嫌われてもいい、どうにかする」という覚悟のある方。 是非、本書を活用ください。

現状を変えるための「意味のある嫌われ方」をお伝えします。