窮地を救ってくれた麗しき執事は、 正体を隠した億万長者。 なぜ私に優しくするの――?アシュリーは夫の死後、女手一つで幼い息子を育てている。 これまで必死にがんばってきたけれど、今日は運の悪いことに、 悪質な客が居座ってアシュリーを怒鳴りつけ、 暴力沙汰を起こそうとしていた。困ったわ、どうしよう......。 「お客様を玄関までお送りしましょうか、マダム?」 絶妙のタイミングで颯爽と、執事の佇まいの紳士が現れたのだ。 いったい誰? 謎のハンサムな紳士ハリーの目の輝きに励まされ、 アシュリーの心は瞬時に沸き立った。「ええ、お願い」 その日からハリーは彼女の執事となった‐‐その正体を隠したまま。