Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Yoryo Shijo No Shinjitsu Dai1 Kai Nyusatsu No Shippai Wo Shosai Bunseki

容量市場の真実 第1回入札の失敗を詳細分析 - 山家公雄/著

Yoryo Shijo No Shinjitsu Dai1 Kai Nyusatsu No Shippai Wo Shosai Bunseki
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1210 yen
Points You Earn 12 points (1%)
Compatible Devices
Release Date Dec 18, 2020(JST)

Description in Japanese

いくつか存在する電力市場のうちの一つ「容量市場」は、現在使う電気ではなく、数年後(日本の場合は4年後)に必要とされる電気を供給する能力を確保・入札する市場です。
その必要性を巡る論議はあったものの、2020年日本では容量市場が創設されました。しかし、2020年9月14日の第1回の入札結果は、先行する海外でも類を見ない高額な約定価格となりました。これにより、2024年度には応札した発電所は総額1.6兆円もの支払いを受けることになります。この1.6兆円は小売事業者が負担する一方で、発電設備の8割は旧来の電気事業者が所有しています。
この容量市場による落札結果・負担金により、卸電力取引市場の機能が阻害されて電力価格が高止まりし、新電力は経営の危機に陥り、非効率の発電設備が生き残って再生可能エネルギーの導入が進まなくなるという分析もあります。
この本では、この人為的な「日本版」容量市場の失敗要因について詳細に分析します。その中で、米国PJMの容量市場との比較、そして容量市場のないテキサス州との比較を行い、今後の日本の電力市場のあるべき姿について論じます。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by YAMAYA KIMIO

Browse similar eBooks