Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Osananajimi No Fuaiso Koshaku Ha Itto Ni Omo Tennen Reijo to Itsumo Surechigattemasu

幼なじみの不愛想公爵は一途に想う天然令嬢といつもすれ違ってます - 熊野まゆ/著 マドカメグル/イラスト

Osananajimi No Fuaiso Koshaku Ha Itto Ni Omo Tennen Reijo to Itsumo Surechigattemasu
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 550 yen
Points You Earn 5 points (1%)
Compatible Devices
Release Date Dec 01, 2020(JST)

Description in Japanese

叙爵式。王座に上がる隣人であり幼なじみでもあるケネスの姿を、侯爵令嬢シェリルは目に焼き付けていた。彼は今日からバートレット公爵を名乗る。シェリルは、いつしかケネスに恋心を抱いている。彼の英姿を留めるため私室でスケッチブックに向かったシェリルが気晴らしに庭に出ると、そこにはケネスの姿が。献上するために詠んだ詩の感想を聞かせてほしいと渡された羊皮紙をうっかり風で飛ばしてしまっても、ケネスは彼女を決して叱らない。天然だとか、そそっかしいとか言われるシェリルに対し、ケネスは不愛想なうえに無口。だが、転びそうになれば助けてくれるし、散歩するときは歩調を合わせてくれる。そう、ケネスは優しいのだ。言葉少なで穏やかな日をこれまで過ごしてきた二人。だが、爵位授与を祝う夜会でケネスのそばにいるのは、シェリルと同い年の公爵令嬢サンドラ。せっかく大人っぽいドレスを着てきたのに、褒めてくれるのはエスコート役の従弟アンソニーくらい。肝心のケネスからは子ども扱いされ、翌日庭で会えば「ああいうデザインはきみにはまだ早い」と言われ、邸に遊びにきたアンソニーにからかわれているうちにせっかく会えたケネスに踵を返され、少しずつすれ違ってきているような......。一方ケネスは——

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by KUMANO MAYU

Also by MADOKAMEGURU

See more published by LUNA Bunko