「あの世の正しい考え方を知り、そして今いかに生くべきかを問うことが、大事なのです。人生はこの世限りではない。それを知っただけでも、人生が大きく変わっていきます。」(本書「はじめに」より)仏教の立場から、生と死を、そして生死に付随するあの世や愛、幸福などについて綴った、素晴らしい人生を送るための手引書。「生と死を考える」、「美しき旅立ちの心」、「旅立ちの悟り」などの5章で構成——〈生と死〉のその先、〈死後の生〉を旅する一冊!