本書では、多くの学校で導入しているMicrosoft 365に含まれているMicrosoft TeamsとMicrosoft Formsを活用して、遠隔授業や学生サポートを実施する方法を説明していきます。 実際に大学において運用している方法を記載しますので、本書の方法で問題なく運用できるはずです。

遠隔授業の仕組みはさまざまな場面で活用することができます。これまで難しかったゲストティーチャーの招へいや離れた地域の学校間交流などを、オンラインで簡単に実施することができます。海外の方と映像で中継を結ぶこともできますし、時差があっても動画等による非同期コミュニケーションもできるわけです。さらに、不登校や長期入院等で学校へ登校できない学習者に対する、学習の機会を増やすことにもつながります。 同じ時間に同じ場所にいなくてもよいという遠隔授業のメリットを活かし、従来の対面授業と組み合わせて実施することで、結果的に「教育の質」を高めることになるのです。