現代文の教科書にも使われる名作をデジタルコミカライズ!

33歳で夭折した天才作家・中島敦。デビュー作であり、代表作の一つである「山月記」は、時を経た今もその輝きは失われていない。現代文の教科書にも使用されたこともあるため、誰もが一度は触れたことのある作品だ。 その名作を、ブラックユーモアの巨匠である二階堂正宏がコミカライズ。 原稿を描き上げて約10年あたため続けてきた珠玉の作品。 満を持してボーンデジタルコミックとしてリリース。 二階堂流に描かれる『山月記』は一見の価値あり。