Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

New Edition "Ikiru Ni Ataishinai Inochi" to Ha Dare No Koto Ka Nazi Anraku Shi Shiso No Genten Kara No Kosatsu

新版 「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典からの考察 - 森下直貴/編著 佐野誠/編著

New Edition "Ikiru Ni Ataishinai Inochi" to Ha Dare No Koto Ka Nazi Anraku Shi Shiso No Genten Kara No Kosatsu
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1760 yen
Points You Earn 17 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    240
Release Date Sep 11, 2020(JST)

Description in Japanese

相模原の障碍者施設殺傷事件、安楽死論争、パンデミック・トリアージ――近年、様々な場面で「生きるに値しない命」という言葉を耳にするようになった。しかし、「役に立つ/立たない」ということだけで、命を選別してよいのだろうか。
一〇〇年前のドイツで出版され、ナチスT4作戦の理論的根拠になったといわれる刑法学者カール・ビンディングと精神医学者アルフレート・ホッヘによる『「生きるに値しない命」を終わらせる行為の解禁』の全訳に解説と批判的考察を加え、超高齢社会の「生」と「死」を考える。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

See more published by Chukosen Sho

More published by Chuo Koron Shinsha

Browse similar eBooks