平凡なβ×記憶喪失Ω。βの冬馬は夜間のコンビニからの帰り、たちの悪い連中に絡まれるΩに遭遇。逃げる際、階段から転落し記憶をなくしてしまった彼に「ユキ」と名付けて引き取ることにした冬馬だったがユキの突然のヒートについ我を忘れてしまい!?「とう...ま、オレ...冬馬なら嫌じゃないかも...」しかし、ユキの頸には「番の痕」がー。「運命の番」に翻弄されるβとΩの物語。( ※この作品は電子雑誌「kyapi! Vol.19、20、21、22、23」及び単話版1~5の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)