トナミが連れさらわれ、重傷を負ったキリとツヴァイの前に現れたのは、ミトウだった! 「城」は世界を守り、正しく導くために造られた前時代の遺産だとミトウは言う。そして西の果て、終焉の地でキリに告げるのだった。「トナミのために死ぬ」と...! キリ、トナミそしてツヴァイの3人は、世界を自らの手で切り開くためにミトウと対決する!