「城」が護り、造ろうとしているこの世界。そのすべてを視ることができる...。ハーヴェイから聞いた「死を視る男」ミトウの言葉に憤りを抑えられないキリ。一方、トナミは薬の摂取が不可欠なデミウルでありながら、薬が無くても生きられる体になっていた。それを知った「城」は「正しいデミウルが生まれた」と、ツヴァイにトナミを「城」へ連れて帰るように命をくだすが...!?